金田病院のご紹介


TOP
概要
特定医療法人とは
沿革
理念
基本方針
組織図



平成12年4月の介護保険の施行に合わせて、当法人においても、指定居宅介護支援事業所の指定申請を
行い、平成12年2月1日付にてその事業を開始することが可能となりました。


どうぞお気軽にご利用いただきますように、よろしくお願いいたします。
 
介護保険ってどんな制度?
介護保険のスタートは、平成12年4月からです。
制度の運営主体(保険者)は、市町村・東京23区です。
加入する方は、【第1号被保険者】が65歳以上の方で【第2号被保険者】が
40歳から65歳までの医療保険に加入している方です。
サービスが利用できるのは、【第1号被保険者】で@寝たきりや痴呆などで常に介護を
必要とする状態(要介護状態)の方A常時の介護までは必要ないが、家事や身支度等、
日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)の方です。【第2号被保険者】では、初老期痴呆、
脳血管疾患など老化が原因とされる15種類の病気により要介護状態や要支援状態となった方です。
保険料のお支払いは、【第1号被保険者】の方は原則として老齢・退職年金からの天引きです。
【第2号被保険者】の方は、加入している医療保険の保険料に上乗せして一括して納めます。
利用料の負担は、原則としてかかった費用の1割を負担します。また、施設に入った場合には、
費用の1割のほかに食費も負担します。
1割の負担が高くなりすぎる場合には、自己負担分の上限を設けます。特に所得が低い方は、
負担が重くなりすぎないよう低い上限を設定し、また食費も低くします。
どんなサービスが受けられるの?
在宅サービスとしては、家庭を訪問するサービスとして、訪問介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、
訪問入浴介護、医師・歯科医師・薬剤師・栄養士等による指導があります。
日帰りで通うサービスとして、通所介護(デイサービス)、通所リハビリテーション(デイケア)があります。
施設への短期入所サービスとして、短期入所生活介護、短期入所療養介護(ショートステイ)が
あります。福祉用具の貸与・購入や住宅の改修費の支給が受けられるほか、グループホーム、
有料老人ホームなどでの介護サービスが受けられます。
居宅介護支援事業者による介護サービス計画の作成のサービスが受けられます。
施設サービスとしては、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設での
入所サービスが受けられます。
ただし、要支援状態の方は、施設サービスは受けられません。
利用するにはどんな手続きが必要?
介護保険からサービスを受けるためには、寝たきりや痴呆などサービスを受けられる状態かどうかの
認定(要介護認定)を受けることが必要です。市町村に申請すると、原則として30日以内に結果が
通知されます。
要介護認定では、寝たきりや痴呆など介護が必要な状態かどうかだけでなく、介護の手の
かかり具合(要介護度)も判定します。要介護度により、在宅サービスを受けられる額や
施設に入った場合のサービスの額が異なります。
要介護認定の申請は、本人や家族のほか、近くの居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)や、
介護保険施設にも頼めます。
サービスの利用はだれに相談するの?
要支援あるいは要介護の認定をうけると、在宅サービスの利用、施設への入所ができますが、
利用に当たっては在宅サービス事業者あるいは各施設に直接申し込みもできますが、通常は
居宅介護支援事業者を選んで、どのようなサービスが必要か相談し、一緒に介護サービス計画を
作成してもらえます。
利用者は、在宅でサービスを受ける場合、要介護度に応じて使える金額の範囲内で介護支援専門員の
助言を受けて心身の状態、家庭の状況等に適したサービスを選ぶことができます。なお、
介護サービスの計画作成には、利用者負担はありません。
介護サービス計画には、介護保険のサービスのほか、市町村の保健・医療・福祉サービスや
ボランティアによるサービスなどを盛り込むことができます。なお、要介護度に応じて使える金額を
超えるサービスを盛り込むこともできますが、その分は全額利用者負担となります。
介護支援専門員とは利用者からの相談に応じて、利用者の希望や心身の状態にあった適切な在宅
または施設のサービスが利用できるよう、市町村、在宅サービス事業者、介護保健施設等との
連絡調整を行うのが介護支援専門員です。
介護サービス利用までの居宅介護支援事業者の関わり方と流れ
@利用者本人や家族に面接し、抱えている問題点や解決すべき課題を分析します。
 (状態の把握)

A在宅サービス事業者に関する情報が提供され、利用者が事業者を選びます。
 (計画原案の作成)

B介護支援専門員を中心に、サービスの担当者や利用者本人・家族も参加し、
  意見交換等を行います。(サービス担当者との連絡・調整)

C介護サービスの目標と達成時期、サービスの種類・内容・利用料など介護サービス計画は
  サービスを受ける利用者の希望や心身の状態をよく考慮して作られます。(介護サービス計画の作成)
D計画の内容を説明し、計画が利用者の希望に合っているか確認します。(利用者の同意)


                     連絡先は

             Tel・Fax (0867) 52-1194

             
管  理  者 : 妹尾佐知子

            介護支援専門員: 妹尾佐知子
             介護支援専門員: 土井 浩子

            介護支援専門員: 田口 智英